【武蔵野S】カギは最後の200mにアリ!  ここで粘り強さを見せたソリストサンダー(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

昨年の3、4着馬エアスピネルとワンダーリーデルが今年のフェブラリーS2、3着で穴を提供。問われる適性が大きく異なるチャンピオンズCの前哨戦というより、翌年のフェブラリーSを展望するレース。武蔵野Sの立ち位置はこんな感じ。JRA唯一の芝スタートのダート1600mはここしか走らない独特なコース巧者を生む。今年は東京ダート5勝のタガノビューティー、3勝のブルベアイリーデら重賞経験が浅い東京巧者が、上記のエアスピネル、ワンダーリーデル、そしてソリストサンダーら重賞常連組に挑戦。そこに3歳馬スマッシャー、バスラットレオンらが絡むという図式だった。

【エリザベス女王杯 2021予想】レイパパレかアカイトリノムスメか 今年も阪神開催、注意したいデータとは?(SPAIA編)

決着タイム1.35.0(やや重)は良馬場の昨年と同タイム。前後半800mは46.5-48.5。昨年46.1-48.9と比べると、前後半の落差は少なく、平均ラップ。昨年が珍しいぐらいで、東京ダート1600mとしては標準的な流れだった。

マイルCS南部杯で先行して2着とマイル実績を作ったヒロシゲゴールドが楽に先手を奪うところを内からリアンヴェリテが強引に逃げを主張。このコースで出ムチを入れながら先行するのは珍しい。この時点でハイペースを予感させたものの、ヒロシゲゴールドが引いたこともあり、序盤800mは12.2-10.6-11.6-12.1と隊列が決まってからペースは一旦落ちた。それでも東京のマイル戦らしく息の入りにくい流れではあった。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。