【バレー】フランスリーグ2021/22 第10節 田代佳奈美のナントが全勝の首位ル・カネから勝ち星(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

フランス・リーグA女子の2021/22シーズンは現地11月20日にレギュラーシーズン第10節が行われ、日本代表の田代佳奈美が所属するナントはホームでル・カネと対戦。3-2(21-25,25-14,19-25,25-23,16-14)で勝利し、連敗を2でストップさせた。

東京チャレンジ2021女子日本代表フォトギャラリー

 ここまで9戦全勝の首位ル・カネとの一戦、ナントは第1セットで計5本のブロックポイントを許す厳しい立ち上がり。それでも第2セットは開始時から2選手を入れ替えると、計3本のサービスエースを奪い取り返す。第3セットを落としたものの、第4セットは後半の相手の追撃を振り切って獲得。最終第5セットも終盤で迫られたが、競り合いを制して勝利した。

 田代はフル出場。両チーム通じて最多30得点をマークしたアウトサイドヒッターのスビ・コッコネン(スウェーデン)が試合のMVPに輝いた。11月に入り、CEVカップも含めて3連敗を喫するなど苦しい状況が続いたナントだったが、トーナメントリーダーそれも無敗の強敵を撃破したことで、機運も高まったに違いない。

≪ナント 戦績≫
第1節(10/8) vs.エブルー 〇3-1
第2節(10/12) vs.パリSC ●0-3
第3節(10/16) vs.シャマリエール 〇3-0 ★田代MVP
第4節(10/23) vs.マルク-アン-バルール 〇3-2
第5節(10/27) vs.カンヌ 〇3-2
第6節(10/30) vs.フランス・アヴェニエール 〇3-1
第7節(11/6) vs.サン・ラファエル 〇3-0
第8節(11/10) vs.ミュルーズ ●1-3
第9節(11/13) vs.ベジエ ●2-3
第10節(11/20) vs.ル・カネ 〇3-2

【CEVカップ2022】
ベスト16ラウンド(11/17) vs.シュベリーン ●1-3

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。