【神宮大会】花巻東の怪物ルーキー・佐々木麟太郎は2戦連発なるか 初回は中前適時打(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆第52回明治神宮野球大会第3日 高校の部準々決勝▽花巻東―高知(22日・神宮)

 初出場の花巻東(東北)は、佐々木洋監督(46)の長男で、20日の1回戦(対国学院久我山)で高校通算48号ソロを放つなど3打点と活躍した怪物ルーキー・佐々木麟太郎が「3番・一塁」で出場。2戦連発の期待がかかる中、初回1死二塁での第1打席では中前に先制適時打を放った。

 麟太郎が柔らかいスイングを披露した。初回1死二塁。1ボール1ストライクからの3球目、100キロの緩いカーブがボールゾーンから外角に入ってくるところをしっかりと引きつけると、軽やかに中前にはじき返した。鋭い当たりだったが、相手中堅手がフェンス手前を守っていたため、二塁走者が悠々と生還。2試合連続の先制打となった。

 麟太郎は184センチ、113キロという高校生離れした体格の持ち主で、逆方向にも放り込める長打力を持つ。歴代最多とされる高校通算111本塁打をマークした早実・清宮幸太郎(現日本ハム)ですら、1年秋終了時は22本。異次元のホームラン数を量産している。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。