ウォリアーズに敗れたネッツのナッシュHC「まだ同じカテゴリーには入っていない」(バスケットボールキング)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:バスケットボールキング

17日(現地時間16日、以下同)、ブルックリン・ネッツはゴールデンステイト・ウォリアーズとホームで対戦し、99-117で敗れた。

【動画】11月16日の「NBA Top 5 Plays Of The Night」

 ともにMVP選手を擁し、屈指の好カードとなったこの一戦。試合前半までほぼ五分の展開が続いたが、第3クォーター、相手エースのステフィン・カリーがファールトラブルで大半をベンチで過ごしたにもかかわらず、このクォーターだけで17点ものビハインドを負った。ケビン・デュラントも厳しい守備に遭い、特に試合後半は3点を挙げるにとどまった。

『ESPN』によると、今シーズン5敗目を喫した試合後、ネッツのスティーブ・ナッシュヘッドコーチは、いずれも敗れたミルウォーキー・バックス、シカゴ・ブルズ、マイアミ・ヒート、そしてウォリアーズといったチームと比較して「(ネッツは)まだそのカテゴリーには入っていないと思う」と語ったという。

「私たちにはやるべきことがたくさんある。グループとして改善して、より良くした上で、年末までにいくつか欠点を克服する方法を見つけたい」

 またナッシュHCはカイリー・アービング不在の影響が大きいことを認めた上で、「開幕時には、誰も我々がトップ10のディフェンスチームだと思わなかっただろう。我々はディフェンスできているし、その方法も見つけられている」と、ディフェンスには一定の手応えを感じていることを覗かせたという。

「オフェンス面は、異なるラインナップ、経歴、プレースタイル、そして10人の新加入選手がいることを考えれば、まだ時間がかかる」と述べたナッシュHC。アービング不在の中、今後どのような攻撃を作っていくのか、現役時代名ポイントガードとして鳴らした指揮官の腕にも期待がかかる。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。