日曜メインレースの注目激走馬…阪神11Rマイルチャンピオンシップ・G1(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

阪神11Rマイルチャンピオンシップ・G1・馬トク激走馬=インディチャンプ

 過去2年1着、2着。安田記念からの直行は昨年と同パターンだが、昨年は筋肉痛でスプリンターズステークスを使えず、ぶっつけ本番ながらグランアレグリアを苦しめる好走。今年は香港マイル挑戦を見据えての直接参戦も、外厩・ノーザンファームしがらきから10月26日に移動し、栗東坂路で時計6本ビッシリと追われて、順調度、勝負気配は昨年を上回る。

【データで見る】インディチャンプの血統、戦績

 トキオリアリティーの牝系は7歳時に豪G1を勝ったリアルインパクト、6歳時に香港クイーンエリザベス2世Cを勝ったネオリアリズム。10歳まで走ったアイルラヴァゲインなど、年齢を重ね成熟する産駒が多い系統だけに能力減退はまだ先の話。レース間隔が詰まっているグランアレグリア、初の輸送、初の阪神コースに挑む3歳シュネルマイスターをよそに、自分の力だけ確実に駆ければ当然争覇権だろう。

【広告】

                            マンション投資の

新日本地所



コメントは受け付けていません。