【エリザベス女王杯】母系のアメリカ血統が後押し 三冠配合アカイトリノムスメ(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

2021年11月14日に行われる第46回エリザベス女王杯。京都競馬場は改修工事のため、昨年に引き続き阪神競馬場で行われる。

【エリザベス女王杯 2021予想】レイパパレかアカイトリノムスメか 今年も阪神開催、注意したいデータとは?(SPAIA編)

京都で行われた一昨年、そして阪神で行われた昨年はともにラッキーライラックが勝利。その2年とも良馬場で行われたが、阪神で行われた昨年の方が3秒近く時計が速かった。先週のファンタジーSの時計(レコードの昨年より1秒遅かった)から、今年はそこまで速くないかもしれないが、少なくとも「阪神だからパワーが必要」という意識はしなくてもいいだろう。

このレースを連覇したラッキーライラック(母の父Flower Alley)、そして3年連続2着のクロコスミア(母の父ボストンハーバー)は、ともに軽い米血を母系に持っていた。その観点から考えると、今回有力となるのが秋華賞馬アカイトリノムスメ。三冠馬の母アパパネはSolt LakeやBold Rulerという軽い米血で構成されており、額面通りなら早熟に終わってもおかしくない血統だった。

その母は4歳のヴィクトリアマイルを勝って以降は連対がなかったように、成長力という点で微妙なのは確か。この馬も4歳の春までが勝負かと思われ、その意味でもここは落とせない一戦。

もう1頭挙げるなら目黒記念を勝ったウインキートス。ステイゴールド系×ボストンハーバーという配合は、上記に出たクロコスミアと同じパターンだ。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。