【注目2歳馬】後続に2.4秒差をつける圧巻の走り! 武豊&河内洋の兄弟弟子コンビが手がける逸材ジュタロウ(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

11月13日(土)阪神4Rのダート1800m の新馬戦は、後続に2.4秒差をつける圧勝劇が見られ、5着以下の5頭(3角で他馬の影響を受けた10着ナリタボルテックスを除く)がタイムオーバーとなる珍しい出来事も起こった。

【マイルチャンピオンシップ 2021予想】グランアレグリア撃破の難題に挑む! 人気落ちならサリオス妙味あり(SPAIA編)

そんな圧巻のパフォーマンスを見せたのはジュタロウ(栗東・河内洋厩舎)、その背中に跨っていたのは武豊騎手だった。

父はArrogate。現役時代には3歳時にBCクラシックを勝利。現在日本で繋養されているカリフォルニアクロームを破り、レーティング134ポンドを獲得した。現2歳世代が初年度産駒で、先日行われたBCジュべナイルに遠征したジャスパーグレイト(栗東・森秀行厩舎)も後続に1.6秒差をつけて新馬勝ちしている。

スタートして2番手につけたものの、1周目のゴール板を通過するあたりではやや行きたがる素振りも見せながら外を追走。前半5ハロンのレースラップは13.0-11.4-13.2-12.5-12.5(62.6)と新馬戦としては流れていた。しかし3角に差しかかったところで先頭へ踊り出ると、あとは後続との差を広げる一方で12.7-12.6-12.5と持ったままグングン加速する。

ラストは13.2かかったが、最後まで追われることなくゴール。勝ちタイム1:53.6(稍重)は前半5ハロン通過がほぼ同じ(62.5)だった当日の1Rに行われた未勝利戦を1秒も上回るもの。同じ阪神ダート1800mでデビューし、後にG1級5勝の活躍を見せたゴールドドリームの勝ちタイム1:54.0(稍重)と比較しても、ほぼ持ったままで0.4秒速かったということから大物感を感じずにはいられない。

阪神競馬場は前週からダートコースは全体的に上がりがかかっており、パワー型が活躍している馬場状態。そうした中でのこのパフォーマンスを見ると、JRAの舞台だけではなく地方の馬場も得意とする可能性がある。すでにこの世を去った父の貴重な産駒として、ダート中距離界を席巻、その後は兄弟弟子のコンビで世界へ挑戦──。そんな夢を見てみたいものだ。

【広告】 更年期?

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。