【DeNA】楠本泰史が68%増でサイン オフは日本ハム・近藤健介に弟子入り「目標とする選手理想像」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

DeNAの楠本泰史外野手(26)が18日、横浜スタジアム内で契約更改に臨み、930万円(68%)増の2310万円でサインした。

 花咲徳栄高、東北福祉大を経て17年ドラフト8位で入団し、今季がプロ4年目。開幕は2軍で迎えたが、5月に1軍に昇格すると、少ないチャンスを生かした。代打の切り札として、代打打率は2割9分5厘。自己最多の76試合に出場して2本塁打18打点、打率2割5分4厘とキャリアハイの成績を残した。外野は佐野、桑原、オースティンと3割打者が並んでいたが、代打で存在感を示してシーズン終盤はスタメン起用も増えた。

 定位置奪取へは今季のレギュラー3人だけではなく、神里、関根、ドラフト6位・梶原(神奈川大)らライバルは多い。今季を「キャンプも開幕もファームにいたので、自分が出来たこと、よくやれたことよりも悔しい思いの方が大きい。自分の中ではその悔しさがあった分1軍の舞台でやれたかなと思う。よくできたというよりも一番最初に悔しい思いが出てくる」と振り返った。来季へは「レギュラーの壁は高いと分かっているけど、プロ野球選手をやっている以上ポジションをつかみたいと思ってやらないといけない。今年ファームスタートというのがあったので、年間を通して1軍で完走したい、その思いがすごく強い」と意気込んだ。

 オフは日本ハム・近藤、広島・西川らの自主トレに直談判して参加することが決まったという。「目標とする選手理想像、ああいう選手になりたいというのが近藤さん、西川さん。コンタクト能力に長けてて、フォアボールも取れて勝負強いのはお手本のような選手。思い切って話を聞きに行きたいのでお願いしました」。来季の飛躍へ向けて、意気込みは十分だ。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。