2009年エリザベス女王杯のクィーンスプマンテなど 「アッ」と言わせた逃げ切りG1レース3選(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

子供の頃の思い出だ。彼の姿を初めて見たのは山形県上山市だった。私は現役時代の一番輝いていた時の姿を生で見た事はない。すでに目の前のその馬は全盛期を過ぎていた。それでも現場にいた大人たちは「何かを」期待せずにはいられない様子だった。

【エリザベス女王杯 2021予想】レイパパレかアカイトリノムスメか 今年も阪神開催、注意したいデータとは?(SPAIA編)

その名は「ツインターボ」。七夕賞にてターボエンジン全開で爆走しファンを魅了、オールカマーではG1馬ライスシャワーや桜花賞馬シスタートウショウ、そして実力馬ホワイトストーン、鉄の女イクノディクタスなど錚々たるメンバーに影をも踏ませぬ逃走劇を披露した「世紀の逃げ馬」だ。今回は、そんな「逃げ馬」にスポットをあて、印象的なレースを振り返ってみたい。

「緑、黒三本輪」グリーンファームの勝負服、「桃、緑一本輪、袖黄縦縞」のテイエム軍団の勝負服が気分良く先頭争いをしている。クィーンスプマンテとテイエムプリキュアの2頭だ。前哨戦の京都大賞典でも先手争いをしたこの両馬。その際は逃げを主張したテイエムプリキュアが大差の殿負け、2番手を進んだクィーンスプマンテが9着と沈んでいた。

だからなのか。まるでこの2頭がいないかの様にレースが進んでいった。1000mを60.5秒と決して速くないペースにも関わらず、ブエナビスタを一団でマークし誰も鈴をつけにいかない。10馬身、15馬身、20馬身…。差が広がっていく。4コーナーを回った時には時すでに遅し。遥か前方で勝負は決していた。

結果はクィーンスプマンテが優勝し、クラブおよび田中博康騎手にとって嬉しいG1初制覇となった。2着にテイエムプリキュア。猛然と追い込んだブエナビスタはわずかに届かず3着。場内の騒然としたざわつきは今でも忘れる事が出来ない。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。