【AI予想回顧】アルゼンチン共和国杯はオーソリティが連覇達成 重賞4レースの結果は?(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

11月最初の週末となった先週末はG1レースこそ無かったものの、アルゼンチン共和国杯(G2・芝2500m)、みやこS(G3・ダート1800m)、京王杯2歳S(G2・芝1400m)、ファンタジーS(G3・芝1400m)と4つの重賞レースが行われた。AI予想エンジンKAIBAの予想とレース結果について振り返っていく。

【アルゼンチン共和国杯、みやこステークス 2021予想】オーソリティら出走予定 日曜2重賞をデータで徹底分析!(SPAIA編)

ジャパンCや有馬記念などG1の舞台でも活躍する馬を輩出している伝統のハンデ戦、アルゼンチン共和国杯。AIの本命は複勝率38.9%と好成績を残している「4歳・関東馬」というデータに該当するアンティシペイトだった。

大外枠からスタートし、逃げるボスジラの直後2番手からレースを進めたアンティシペイト。今回は得意とする先行策での粘り込みに期待したが、道中のペースは遅く先頭から最後方まで一団となる形。4角で先頭に立ったものの、瞬発力が求められる展開となってしまっては厳しく、8着に敗れた。

道中、アンティシペイトの直後の3番手を追走。直線に向いてから後続を全く寄せ付けることなく完勝したのはオーソリティ。昨年よりハンデが3.5kg重い57.5kgも全く問題にせず、連覇達成。2着にはマイネルウィルトス、3着にはフライライクバードという結果だった。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。