【ラグビー】「アドレナリンがチームにみなぎっていた」。オス・ロボス、ポルトガルラグビー最大の観衆を集める(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

この年代のポルトガル代表の選手にとって、最大の強敵である日本代表。エスタディオ・シダーデ・デ・コインブラには、史上最大の1万4000の観衆が集まった。ポルトガルラグビー協会は、この日はアマチュアラグビーの試合を一切おこなわずに、代表チームを応援しようと指揮を執った。

「日本を相手に、どれだけの攻撃力と創造性を見せられるかが勝負です。先週倒したカナダ代表はパワーはありましたが、スピードはありませんでした。この試合では、我々のディフェンスが日本代表のスピードにどれだけ対応できるかが試されます」
 前週、カナダ代表を20-17で下したポルトガル代表のパトリス・ラジスケ監督が、日本代表戦を前に地元メディアに向けた会見で残した言葉だ。

 ブレイブ・ブロッサムズを相手に25-38という結果は、オス・ロボス(ラグビーポルトガル代表の愛称)にとっては健闘と言える結果だった。
 スタジアム内のセキュリティの一部をボランティアの学生がおこなうという牧歌的な運営で行われたこの試合。ビールを持った一般客が記者席に入り込み、机を叩きながら大声で歌い出すなど、ポルトガルサポーターにとっては大いに盛り上がる試合だった。

 日本が先制し、その後一旦は逆転に成功したポルトガルだったが、やはり日本が上手の試合展開となった。
 逆転を狙うポルトガルは、後半に日本陣22メートル内で何度もペナルティーを得た。しかしそこでPGを蹴らずに、ラインアウトでトライを狙いにいくポルトガルは、見事にトライを奪った。
「トライをとれる自信があってこその選択でした。試合にも勝てる自信がありましたし、アドレナリンがチーム全体にみなぎる瞬間でした」
 試合後の会見で、キャプテンのトーマス・アップルトン(CTB)は惜敗の悔しさと充実感が入り混じったような表情でこの場面を振り返った。

「正直言って、選手たちがここまでやってくれるとは思っていませんでした。勝つことはできませんでしたが、今日の試合は代表チームとして最高の出来でした。本当に、選手たちを誇りに思います」。
 試合後の会見で、監督は選手たちのプレーを誇らしげに称えた。

 2021年ラグビーヨーロッパチャンピオンシップを2位で終えたポルトガルは、来年の同大会でも2位以内に入れば、2023年ワールドカップ出場が決まる。同大会の2年間の合計勝ち点上位2チームに与えられる欧州1、2の出場枠だ。3位のチームにも大陸間プレーオフ経由でのチャンスが残される。

 誰も知らなかったポルトガル代表のラグビーを、日本のファンたちの脳裏に強烈に刻みつけたオス・ロボス。フランス人のラジスケ監督に率いられたこの世代の代表チームは、2007年以来のワールドカップ出場を、現実的な目標として本気で目指している。

(文:竹鼻 智)

【広告】 位元堂

コメントは受け付けていません。