【ラグビー】サヨナラDGで決着。青学大、筑波大に惜敗も「自信を得た80分」(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

フルタイムの笛が吹かれたあと、ピッチ横にある得点板に3点が加えられた。
 筑波大(以下、筑波)のFB松永貫汰主将がDGを決めた直後、ホイッスルは鳴った。
 24-21。
 11月7日に青山学院大学(以下、青学)緑が丘グラウンドでおこなわれた関東大学対抗戦で、筑波が青学に辛勝した。

 優勝争いには距離があるものの、両者の頭には大学選手権出場があった。
 筑波はここまで上位校に奮闘するも1勝だけ。青学は4戦全敗。しかし、この日勝ち点5(相手より3トライ多く取っての勝利)を獲得すれば、道が開ける。

 ホームの青学がボールを持つ時間が長い試合だった。
 勝ち点5を目指す姿勢が、アグレッシブさを呼んだ。黒いジャージーのFWは80分を通して働き続け、攻撃時間を長くすることで筑波に圧力をかけた。

 筑波にとっては難しい試合だった。開幕から4戦続けて強豪校と戦い、この日今季初めて、前シーズンに自分たちより下の順位だったチームと戦った(昨季は筑波=5位、青学=8位。両者の対戦は80-15で筑波の勝利)。

 もちろん、気持ちの緩みなどない。
 ただ相手チームが、これまでの自分たちと同じように全身全霊をかけて挑んでくる。
 松永主将は「もの凄いプレッシャーをかけてくると分かっていた。それに負けないようにしようと言っていたが、苦しみました」と振り返った。

 先制は青学。キックオフ直後から攻守に前へ出て筑波陣で戦った。
 前半13分だった。強みとしているアウトサイドのランナーが走った。
 スクラムから攻める。左サイドのWTB榎本拓真がゲイン。そのあと右に振り、WTB手島究がインゴール右隅に飛び込んだ。

コメントは受け付けていません。