松生理乃、シニア転向後初のGP大会「大人っぽくなったと思われるように」(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

フィギュアスケートGPシリーズ第4戦NHK杯は12日、代々木第一体育館で開幕する。昨季全日本ジュニア女王で、シニア転向後初のGP大会に参戦する松生(まついけ)理乃(中京大中京高)が、11日の公式練習に参加。「ジュニアとは違う滑りが必須。去年とは違うなって、大人っぽくなったなって思ってもらえるように練習してきました」と手応えを明かした。

 SP「恋は何のために」の曲かけは、ルッツ―トウループの連続3回転、2回転半を着氷。最後の3回転フリップが両足着氷になった。海外選手とも練習を共にし、「自分の足りないところをものすごく痛感した。追いつきたいと強く思った」と前を向く。

 3枠を巡る北京五輪代表争いに手が届く位置にいる松生。12日の女子ショートプログラム(SP)に向け、「まずはのびのび滑ることが大事。しっかりと指先まで力を入れるんですけど、でも柔らかい動きが出来るように、鏡の前でもう一度振り付けの確認をして本番に臨みたいと思います」と冷静に語った。

コメントは受け付けていません。