スポンサーリンク

【ボクシング】山中竜也 0―3判定で防衛失敗「これで終わるつもりはない」(東スポWeb)

ボクシングのWBO世界ミニマム級タイトルマッチが13日、神戸市立中央体育館で行われ、王者・山中竜也(23=真正)は同級3位のビック・サルダール(27=フィリピン)に0―3で判定負けし、2度目の防衛に失敗した。

 セコンドの山下正人会長(56)から「(相手の)心を折れ」との指示が飛んだ7ラウンドは、左右を打ち分けて試合の主導権を奪ったかに見えた。

 ところが中盤に、一瞬ガードが空いた隙をサルダールに右の強打を打ち込まれて山中はダウンを喫してしまう。

「あのパンチが効いた」王者は一気に失速して防戦一方。残り1分を切ってからの「スリップ」もダウンを取られてもおかしくない内容だったが、何とかこの回を逃げ切った。

 続く8ラウンドもダメージが残っているのか、開始から2分近く一発もパンチを打たない。

 試合後「この回は休んで、その次からもっと手を出していこうと思っていた」と打ち明けたが、15キロに及んだ減量の影響もあって両足がつり、その後は目尻をカットしたこともあって、左目の視界が遮られて、より劣勢に。ジャッジの一人は7点差をつける完敗だった。

 今年3月のV1戦ではモイセス・カジェロス(29=メキシコ)の闘争本能を打ち砕き、8回終了で棄権させてのTKO勝ち。その真価が問われたこの日の試合。2015年大みそかに当時の王者、田中恒成(23=畑中)に挑んで6ラウンドKO負けしたが、右で鮮やかなダウンを田中から奪った実績のあるサルダールにやはりダウンを喫し、挽回することなく敗れてしまった。

Source: スポーツニュースサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です