スポンサーリンク

ホンダ、レッドブルとの提携で「勝利に向けた可能性が高くなる」/F1(サンケイスポーツ)

自動車レース、F1に参戦するホンダは19日、来季から2年間、強豪のレッドブルにパワーユニット(PU)を供給すると発表した。ホンダは今季からレッドブルの兄弟チーム、トロロッソにPUを供給していた。

 ホンダの山本雅史モータースポーツ部長は、「F1では過去3年間、我々はなかなか思うような成績を出すことができずに苦しんできたわけですが、そのような状況にあっても、Hondaとのパートナーシップに可能性を見出し、真摯な姿勢で交渉に臨んでくれたことにとても感謝しています」とルノーとの提携を解消したレッドブルの英断に感謝した。

 ホンダは2015年にF1に復帰し、昨季までマクラーレンにPUを供給していたが、満足いく結果は残せていない。山本氏は「Hondaが2チームとパートナーシップを結ぶのは、2015年にF1に復帰してから初めてのことですが、PUの供給先を増やすことは今シーズンが始まる前から検討されていました」と説明。「2015年の復帰以降では初めてのチャレンジになりますが、元々は今シーズンからの2チーム供給を計画していた部分もあり、組織的にはある程度のベースがあります」と来季からレッドブル、トロロッソに2チームに供給することに対して、問題がないと強調した。

 レッドブルはセバスチャン・フェテル(30)=ドイツ=を擁した10年から13年まで4季連続で個人総合、製造者部門で2冠を達成した。山本氏は「過去にいくつもタイトルを取ってきているチームで、ここ数年もコンスタントに勝ち続けているチームです。シャシー性能が優れていることはだれの目にも明らかですし、勝利に向けた可能性が高くなるという点では、我々Hondaにとっては大きなチャンスです」と完全復活に自信を示した。

Source: スポーツニュースサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です