スポンサーリンク

菜七子、GI乗れる!「日本人女性初の偉業」秋にも「そんなに甘い世界ではないけど、技術を上げていきたい」(サンケイスポーツ)

デビュー3年目の藤田菜七子騎手(20)=美・根本=は17日、東京競馬3Rでベルクカッツェに騎乗して1着となり、GIレースの騎乗が可能となる通算31勝を記録した。前日に続いての勝利で今年9勝目。通算勝利数がJRA29勝、地方2勝(JRA所属馬に騎乗)となり、規定の条件をクリアした。

【写真で見る】自厩舎の馬でGI騎乗可能な31勝を挙げて笑顔を見せる藤田菜七子

 秋にも日本人女性騎手初の偉業となるGI騎乗を実現するかもしれない。菜七子がGI騎乗可能となる31勝目をマークした。

 スタート直後にルメール騎乗のシネマソングスが落馬。場内が騒然とする中、菜七子とベルクカッツェは中団でじっくり脚をためる。4戦ぶりに手綱が戻ったパートナーにはこれまで4戦に騎乗して(16)(3)(6)(2)着。持ち味を知り尽くした相棒と直線、力強く抜け出し、歴史の扉をこじ開けた。

 「自厩舎の馬で勝てて良かった。31勝のことは私自身はそんなに意識してなかったし、そんなに甘い世界ではないけど、(GIに)乗せていただけるように技術を上げていきたい」。大勢のファンからの声援に、晴れやかな笑顔でこたえた。

 孝行娘から届いた、父の日のビッグなプレゼントに師匠の根本調教師は「GIに簡単に乗せてもらえるわけではないけど、気持ちの面でも、着実に成長を感じるからね」と、誇らしげだ。

 JRA女性騎手歴代最多の34勝をあげた増沢由貴子元騎手(旧姓牧原)をはじめ、先輩が誰も成し遂げていない高いハードル。1年目7勝(うち地方1勝)、2年目15勝(同1勝)、3年目の今年が昨年を上回るペースで9勝。師匠の言葉の通り、着実に実績を積み上げて“資格”を手に入れたが、厳しい現実も待っている。31勝に到達したため、これまで▲3キロだった減量の恩恵が、今週から△2キロへと1キロ減ることになる。

 レースに直結する小さくない変化。厩舎関係者からの騎乗依頼に影響することは間違いないが、それを冷静に受け止めつつ、しっかり前を向く。

 「2キロ減だとまたちょっと違う部分も出てくると思う。技術を磨いて、頑張っていきたい。GIはすごいと思うし、憧れはありますから」

 キリリとした表情で抱負を語ったハタチのヒロイン。厳しい世界でその腕を磨き、次は大舞台に立つ夢を実現させる。(内海裕介)

 ◆柴田政人調教師 「デビュー当初より、だいぶ腰が入って追えるようになってきたと思う。追い出して馬の上でフォームがバラバラになることが少なくなってきた。その辺りは経験を積んできたからだろう。JRAでは唯一の女性騎手で大変だとは思うが、これからも応援してあげたいね」

★世界の女性騎手

Source: 速報スポーツニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です