スポンサーリンク

後藤洋央紀、8日間でNEVER無差別王座返り咲き(日刊スポーツ)

<新日本:後楽園大会>◇17日◇後楽園ホール

 「混沌の荒武者」後藤洋央紀がNEVER無差別級王者に8日間で返り咲いた。

【写真】後藤は柴田を絞めあげて雄たけび

 9日の大阪城ホール大会で失ったベルトをかけて、マイケル・エルガンと激突。大阪城ではタイチも交えた3WAY戦だったが、一騎打ちとなったこの日はゴング開始直後から真っ向勝負となった。エルガンが場外の後藤の後頭部にフットスタンプを放てば、後藤は牛殺しで反撃。互いにパワーを見せつける大技連発の展開に、途中にはレフェリーが負傷した隙を狙ってタイチも乱入した。最後は互いにラリアット合戦の果てに、後藤がGTRをついに決めて3カウントを奪った。

Source: スポーツニュースサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です