スポンサーリンク

物議を醸したミケルソン、+16でホールアウト(日刊スポーツ)

<米男子ゴルフ:全米オープン>◇最終日◇17日(日本時間18日)◇米ニューヨーク州・シネコックヒルズGC(7440ヤード、パー70)

 第3ラウンド13番で動いているボールを故意に打って物議を醸したフィル・ミケルソン(米国)は1イーグル、4バーディー、5ボギーの69で回り、通算16オーバーの296で大会を終えた。

 優勝争いから離れた位置ながら、米屈指の人気者リッキー・ファウラー(米国)との2サムで大ギャラリーを引き連れてラウンド。5番パー5ではピンそば60センチほどに2オンしてタップインのイーグルを決めた。注目の13番ではバンカーから寄せてパーとすると、優勝したかのように何度も両手を突き上げてガッツポーズ。ちゃめっ気たっぷりのパフォーマンスで沸かせた。

Source: スポーツニュース拾い読み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です