スポンサーリンク

中日・松坂が西武戦登板を直前に回避 球場は大きなどよめき(東スポWeb)

17日、古巣・西武との12年ぶりの対戦が注目されていた中日・松坂大輔投手(37)が、試合開始7分前に登板を回避するアクシデントに見舞われた。

 松坂はこの日、両軍の先発オーダーが発表されると、西武在籍時代に見慣れたライト側ブルペンに姿を現し投球練習を開始。立見席まで完売するほどの注目を集めたメットライフドームの視線を一身に集めた。

Source: スポーツニュースサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です