スポンサーリンク

栄監督を解任 至学館大・谷岡学長「全く期待外れで分かっていない」(東スポWeb)

至学館大の谷岡郁子学長(64)が17日、駒沢体育館で、レスリングの全日本選抜選手権後に会見を開き、栄和人監督(57)の解任を発表した。

 栄氏は五輪4連覇の伊調馨(34=ALSOK)に対するパワーハラスメントが認定され、大会初日(14日)に謝罪会見を開いたばかり。事態が急転した理由について、谷岡学長は「謝罪会見後(栄氏を)この場で見守っていたが、全く期待外れでまだ分かっていない、反省できていないと思わざるを得なかった」と説明した。

 選手のセコンドについてくれと頼んだが、つくことはなく「観客席で応援すると言いながら、知らない人を招待していたのか来たのかは分からないが、監督業を真剣にやろうと集中できていなかったと思う」。

 また、2日目(15日)に栄氏が友人と昼食を食べに外出してしまった点についても「野球やサッカーじゃ、試合中に監督がいなくなるとは思えない。どれだけ(監督業に)思いを入れているかも分からなかった。選手への情熱、集中がなくて、これから監督業が務まるとはとても思えない」と切り捨てた。

 2日目終了後、栄氏を名古屋に帰し、16日朝に解任の決定を伝えたそうで「申し訳ありませんでした」と話したという。

 後任については、選手らと相談の上、決定する。同大副学長でコーチを務める吉田沙保里(35)の監督昇格の可能性については「あると思うし、他の人でもあり得る」と話した。

Source: 速報スポーツニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です