スポンサーリンク

【新日】後藤洋央紀が8日でNEVER王者返り咲き(東スポWeb)

後藤洋央紀(38)が17日の新日本プロレス・後楽園ホール大会で、NEVER無差別級王者マイケル・エルガン(31)を撃破し、第19代王者に返り咲いた。

 6月9日の大阪城ホール大会の3WAY戦で王座から陥落した後藤は、わずか8日後のシングル再戦に出撃。驚異の怪力を誇る新王者に、昇天・改を決めるなど真っ向勝負で立ち向かった。

 エルガンのパワーファイトに苦戦を強いられながらも、バーニングハンマーを脱出してPKを発射。最後は裏GTRから正調のGTR(変型ネックブリーカー)で3カウントを奪ってみせた。

Source: スポーツニュースサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です