スポンサーリンク

メッツ・シンダーガード、右人差し指「静養が必要」(日刊スポーツ)

メッツの先発右腕、ノア・シンダーガード投手が右手人差し指のセカンドオピニオンを求めて診察を受け、もう少し静養が必要との診断が下されたことが分かった。

 同投手は右手人差し指の靭帯を痛め、5月26日にさかのぼって故障者リスト入りしている。

 ミッキー・キャラウェー監督は、同投手が12日にニューヨークの医師から「接触に敏感な状態」と診断されたことを明かした。

Source: スポーツニュースサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です