スポンサーリンク

【中日】松坂、中6日サンデー先発へ右ふくらはぎ張り「支障ない」(スポーツ報知)

「サンデー松坂」が中6日でローテを守る―。中日・松坂大輔投手(37)が14日、20日の阪神戦(ナゴヤD)での先発に問題がないことを強調した。13日の巨人戦(東京D)で右ふくらはぎの強い張りを訴えて3回途中に緊急降板。それでも「日曜に投げるつもりで調整します」と移籍後最も短い間隔での登板へ、自らGOサインを出した。

 一夜明けてナゴヤD横の狭い駐車場で調整。患部は「張ってはいますが、次の試合に支障はない」と説明した。西武、Rソックス時代にも、何度か右ふくらはぎをつるアクシデントに見舞われているだけに「次の登板に向けて考えていることはあります」と経験に基づいた対処法もあるという。

 前日の試合後、森監督に「そのまま(中6日で)いかせてください」と伝えた。明確な回答はなかったが、指揮官の性格を知り抜いている背番号99は「もし(予定が)変わるのであれば(監督に)言われると思います」とニヤリ。これまで先発翌日に必ず出場選手登録を抹消され、中10日以上空けて次の登板に臨んでいたが、初めて抹消されなかった。それが答えだと解釈している。

Source: 速報スポーツニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です