スポンサーリンク

【阪神残留一問一答】メッセ「外国人の記録のあらゆるところで上に立ちたい」(サンケイスポーツ)

阪神のランディ・メッセンジャー投手(36)が16日、国内フリーエージェント(FA)権を取得した。

 以下、メッセンジャーの一問一答。

 --国内FA権取得。おめでとうございます

 「アリガトウ、ゴザイマス」

 --阪神に対して 

 「1つのチームでFAになったのは外国人史上初めてじゃないかな。自分でも誇りに思うよ」

 --阪神への愛着を語っていたが

 「そこは変わらないよ。タイガースというチームが自分にチャンスをくれてオファーをし続けてくれている。もちろん、自分がそれだけ結果を残したという部分はあるけど、チームがこうしてチャンスを与え続けてくれているし、そこは変わらない」

 --来日したとき、FA権をとれると思っていたか

 「正直、最初、外国人扱いになるのが8年以上と聞いたときには『それは長いなぁ』と思った。でもついにその日がきて“クレイジー”な感じがする(笑)。でも、それだけチャンスを与えてくれたチームに感謝したいし、誇りに思う」

 --谷本副社長の言葉を聞いて

 「光栄だし、ありがたい。そんな上の方がきてくださって『おめでとう』といってくれたので。非常に光栄に思うし、ホント、感謝したい気持ちでいっぱいだ」

 --あと32勝で、外国人最多勝利になる

 「もちろん、そのことは知っている。いつもいうけど、これだけ長くやっていると、外国人の記録のあらゆるところで上に立ちたい。もちろん何年もかかるとは思うが、この国を去るときには、イニングとか奪三振とか勝利数とか、外国人のカテゴリーで一番上に立って、帰りたいという気持ちを強くもっている」

 --他球団移籍は

 「ノー。ノー。ノー。ノー(笑)」

 --谷本副社長に残留は伝えたのか

 「もちろん。伝えたよ。いつも話しているように、キャリアをここ(阪神)で終えたいし、他にいくつもりはさらさらない。もし、みなさんが知ってなかったら、通訳がちゃんと訳してないということだね(笑)」

 --前回登板は暴言退場。切り替えて、次の登板(18日の中日戦)に向かっているか

 「もちろん、終わってから切り替えているし、いろんな意味で人間は間違いをする生き物だから。だから、前回終わってから、すぐに切り替えて、次の登板に向けて、気持ちを集中させている」

 --最後に。日本の野球に適合できたコツは

Source: 最新スポーツニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です