最高傑作ロマチェンコ肩万全、ペドラサは面白くない(日刊スポーツ)

ボクシング世界ライト級2団体王座統一戦の計量が、7日に米ニューヨークで行われた。WBA王者ワシル・ロマチェンコ(30=ウクライナ)は60・9キロ、WBO王者ホセ・ペドラサ(29=プエルトリコ)が60・8キロで、いずれもリミット61・2キロ以下でクリアした。試合は8日にマジソン・スクエア・ガーデンのルル・シアターでゴングとなる。

ロマチェンコは五輪連覇後にプロ転向し、世界最速の3戦目で... 続きを読む

「最高傑作ロマチェンコ肩万全、ペドラサは面白くない(日刊スポーツ)」の続きを読む

ギベオンがたたき合い制し重賞初制覇/中日新聞杯(日刊スポーツ)

<中日新聞杯>◇8日=中京◇G3◇芝2000メートル◇3歳上◇出走14頭

C・デムーロ騎手騎乗の1番人気ギベオン(牡3、藤原英)が鼻差の接戦を制し、重賞を初制覇した。

中団から直線を向いてショウナンバッハ(牡7、上原)とともに抜けだし、ゴールまで激しいたたき合いとなった。勝ちタイムは1分59秒3。2着はショウナンバッハ。3着はストロングタイタン(牡5、池江)。

... 続きを読む

「ギベオンがたたき合い制し重賞初制覇/中日新聞杯(日刊スポーツ)」の続きを読む

【中日新聞杯】ゴール前の接戦制した3歳馬ギベオン、重賞初V(スポーツ報知)

◆第54回中日新聞杯・G3(12月8日・芝2000メートル、中京競馬場、良)

 14頭によって争われ、クリスチャン・デムーロ騎手が騎乗した1番人気のギベオン(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎、父ディープインパクト)がゴール前の競り合いを鼻差で制し、重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分59秒3。

 首の上げ下げで際どい2着に入ったのは12番人気のショウナンバッハ(鮫島克駿騎手)。... 続きを読む

「【中日新聞杯】ゴール前の接戦制した3歳馬ギベオン、重賞初V(スポーツ報知)」の続きを読む

【阪神6R新馬戦】ハヤブサナンデクン、5馬身差で圧勝デビュー 武豊「まだまだ良くなりそう」(スポーツ報知)

出典元:阪神6Rの新馬戦を快勝したハヤブサナンデクン

12月8日の阪神6R、2歳新馬(ダート1800メートル=13頭立て)は、武豊騎手騎乗のハヤブサナンデクン(牡、父ゴールドアリュ... 続きを読む

「【阪神6R新馬戦】ハヤブサナンデクン、5馬身差で圧勝デビュー 武豊「まだまだ良くなりそう」(スポーツ報知)」の続きを読む

西武がザック・ニールと契約「日本一達成のためにベストを尽くす」(東スポWeb)

西武は8日、すでに入団合意に達していた新外国人右腕ザック・ニール投手(30=前ドジャース3Aオクラホマシティー)と、前日(7日)に選手契約を締結したことを発表した。背番号は54。

 ニールは球団を通して「埼玉西武ライオンズの一員となることができて、とても興奮しています。日本でプレーすることは、私がずっと夢みていたことです。素晴らしいチームの一員となることがとても楽しみですし、パ・リー... 続きを読む

「西武がザック・ニールと契約「日本一達成のためにベストを尽くす」(東スポWeb)」の続きを読む

【中山5R新馬戦】8番人気スカイシアター、首差勝ちで波乱演出 石川「いい勝負根性と切れがある」(スポーツ報知)

出典元:中山5Rの新馬戦を勝ったスカイシアター(手前は2着のシャワークライム、中は3着のスマイルワールド)

12月8日の中山5R・2歳新馬戦(芝1600メートル=16頭立て)は、8... 続きを読む

「【中山5R新馬戦】8番人気スカイシアター、首差勝ちで波乱演出 石川「いい勝負根性と切れがある」(スポーツ報知)」の続きを読む

島田高志郎3位、4回転成功で手応えも「悔しさが」(日刊スポーツ)

<フィギュアスケート:ジュニアGPファイナル>◇7日(日本時間8日)◇カナダ・バンクーバー◇男子フリー

16年全日本選手権7位でショートプログラム(SP)4位の島田高志郎(17=木下グループ)がフリー140・41点を記録し、合計214・38点で3位に入った。

地元カナダで才能を高く評価されるステファン・ゴゴレフ(13)が、4回転ルッツの転倒をトーループ、サルコーと2種類... 続きを読む

「島田高志郎3位、4回転成功で手応えも「悔しさが」(日刊スポーツ)」の続きを読む