【菊花賞】タイムフライヤー・松田国英調教師 その末脚が時空を超える(東スポWeb)

【菊花賞(日曜=21日、京都芝外3000メートル)】皐月賞、ダービーの春2冠は物足りない結果に終わったタイムフライヤー。松田国英調教師は叩いた後の回復に手間取っていたと打ち明け、今回はそんなことがないと体力増強をアピールした。

「神戸新聞杯は調教師が力んだ分、馬もひっかかってしまった」とジョークが飛び出るあたりに余裕が感じられる。確かに、春とは全く違う気配を漂わせている(10日撮影)... 続きを読む

「【菊花賞】タイムフライヤー・松田国英調教師 その末脚が時空を超える(東スポWeb)」の続きを読む

【菊花賞】エポカドーロ・藤原英昭調教師 皐月の大看板(東スポWeb)

【菊花賞(日曜=21日、京都芝外3000メートル)】1番人気に推された神戸新聞杯で4着に敗れたエポカドーロ。その敗因は「戸崎にあった」と藤原英昭調教師は言い切った。

 そして、本番への巻き返しの材料も「戸崎がどれだけ自分自身に勝つかだ」と。一見、苛烈なその言葉の裏には、仕上げに対する絶対的な自信と鞍上に対する藤原英師流のアツい叱咤激励が込められている(10日撮影)。

... 続きを読む

「【菊花賞】エポカドーロ・藤原英昭調教師 皐月の大看板(東スポWeb)」の続きを読む

復帰ウィークに重賞勝ちの北沢伸也騎手「東京の直線は長かった」(スポーツ報知)

出典元:東京ハイジャンプをサーストンコラルドで制した北沢伸也騎手

サーストンコラルドは10月14日の東京ハイジャンプ・JG2で6月の東京ジャンプステークスに続く重賞連覇となった。同... 続きを読む

「復帰ウィークに重賞勝ちの北沢伸也騎手「東京の直線は長かった」(スポーツ報知)」の続きを読む

【菊花賞】グレイル「歩様に柔らかみが出ているのがいい」(東スポWeb)

【菊花賞(日曜=21日、京都芝外3000メートル)注目馬16日朝の表情:栗東】セントライト記念3着のグレイルは角馬場→坂路のメニュー。

 野中調教師「活発に動かした。(17日の)最終追い切りは距離を意識して、ゆったり行って、上がりを伸ばす感じの内容を予定している。以前は硬さが目立った馬が、今は歩様に柔らかみが出ているのがいいよね。本当に順調にきているよ」

... 続きを読む

「【菊花賞】グレイル「歩様に柔らかみが出ているのがいい」(東スポWeb)」の続きを読む