【阪急杯】ダイアナヘイローが勝利(東スポWeb)

25日、阪神競馬場で行われたGIII第62回阪急杯(芝内1400メートル)は途中からハナに立った7番人気のダイアナヘイローが粘り込んで勝利。GI高松宮記念(3月25日=中京)の優先出走権を獲得した。勝ち時計は1分20秒1... 続きを読む

「【阪急杯】ダイアナヘイローが勝利(東スポWeb)」の続きを読む

本田、代表復帰へ決勝PK弾(スポーツ報知)

◆メキシコリーグ後期第9節 パチューカ2―1レオン(24日)

 【パチューカ(メキシコ)24日=藤本裕二】メキシコ1部パチューカのMF本田圭佑は、ホームのレオン戦にフル出場。1―1の終了間際にPKで後期4点目を決めた。日本代表の手倉森誠コーチ(50)が視察に訪れた試合で2―1の逆転勝ちに貢献して、3月の欧州遠征での代表復帰へ猛アピールした。

... 続きを読む

「本田、代表復帰へ決勝PK弾(スポーツ報知)」の続きを読む

星稜の1年・東海林“魅せる”鉄壁守備 河井との二遊間コンバートでセンバツへ(スポーツ報知)

センバツ甲子園(3月23日開幕)に出場する星稜は25日、東京・西多摩郡の亜大グラウンドで2日間の合宿を終えた。林和成監督(42)は、昨秋から二遊間コンビの守備位置を入れ替えるコンバートを敢行。二塁手としてセンバツに臨む東海林航介... 続きを読む

「星稜の1年・東海林“魅せる”鉄壁守備 河井との二遊間コンバートでセンバツへ(スポーツ報知)」の続きを読む

【東京マラソン】設楽悠太の父・享史さん「1億円もらって心配です」(スポーツ報知)

小学校5年生の時に啓太と悠太は一緒に近所の陸上教室で陸上を始めました。性格はまるで違います。兄の啓太は中学生で「全国大会に出たい」、高校生では「箱根駅伝に出たい」、大学生の時は「五輪に出たい」と口に出していましたが、弟の悠太は言ったことがない。

 大学までは競技力で常に啓太が一歩先を行っていましたが、今は悠太の方が先を行っています。親としては苦しんでいる方が気になります。啓太は(3月... 続きを読む

「【東京マラソン】設楽悠太の父・享史さん「1億円もらって心配です」(スポーツ報知)」の続きを読む

【巨人】戸根と豊田コーチがインフルA型 吉川尚は発熱のため宿舎で静養(スポーツ報知)

巨人は26日、1軍那覇キャンプに参加している戸根千明投手(25)と豊田清投手コーチ(47)がインフルエンザA型と診断され、同日の練習を休むと発表した。ともに25日夜に診断が確定した。

 また、吉川尚輝内野手(23)... 続きを読む

「【巨人】戸根と豊田コーチがインフルA型 吉川尚は発熱のため宿舎で静養(スポーツ報知)」の続きを読む

【小林記者が見た平昌五輪】もっと見て…原大智&麗楽&マリリンの「反骨心」(スポーツ報知)

フリースタイルスキー・モーグル男子銅メダルの原大智、スノーボード・ビッグエアで予選3位と冬季五輪日本女子の最年少メダルに迫った岩渕麗楽(れいら)、日本カーリング界初のメダリストとなった女子代表「LS北見」。バスで約1時間の江陵と平昌を往復し、いい意味で「まさか」の瞬間に何度も遭遇した。

 共通点は「反骨心」だった。モーグル男子の原は「注目されるのが好き」なのに、取材は17年世界選手権... 続きを読む

「【小林記者が見た平昌五輪】もっと見て…原大智&麗楽&マリリンの「反骨心」(スポーツ報知)」の続きを読む

【細野記者が見た平昌五輪】美しかった有希の涙…北京のメダルへつながって(スポーツ報知)

今大会は担当種目の金メダルを見ることはできなかったが、金メダル級のすてきな涙には出会った。ジャンプ女子、銅メダルの高梨沙羅に真っ先に抱きついて祝福したのが、伊藤有希だった。自身は2本とも不利な追い風を受け9位。表彰台候補として臨... 続きを読む

「【細野記者が見た平昌五輪】美しかった有希の涙…北京のメダルへつながって(スポーツ報知)」の続きを読む

C大阪、執念のドロー開幕 「マンC」戦術の横浜Mに苦戦も柿谷弾で勝ち点1(サンケイスポーツ)

明治安田J1第1節最終日(25日、C大阪1-1横浜M、ヤンマ)明治安田生命Jリーグは4試合が行われ、昨季に天皇杯、ルヴァン杯を制し、悲願のリーグ制覇を目指すC大阪はホームで横浜Mと1-1で引き分けた。後半41分にFW柿谷曜一朗(28)のゴールで追いつく、薄氷ドローで勝ち点1をつかんだ。昨季覇者の川崎は磐田に3-0と快勝。昨季2位の鹿島は清水と0-0で引き分けた。

 2冠を胸に刻んだ新... 続きを読む

「C大阪、執念のドロー開幕 「マンC」戦術の横浜Mに苦戦も柿谷弾で勝ち点1(サンケイスポーツ)」の続きを読む

憲剛で“快幕” 元気だ37歳V弾&2アシスト!川崎、連覇へGO(サンケイスポーツ)

明治安田J1第1節最終日(25日、静岡スタジアムほか)「明治安田Jリーグ」は、開幕4試合を行い、昨季覇者の川崎は、MF中村憲剛(37)が1ゴール2アシストと全得点に絡む活躍で磐田に3-0と快勝した。昨季2位でV奪回を目指す鹿島は清水と0-0のドロー。昨季の天皇杯、ルヴァン杯優勝のC大阪は横浜Mと1-1で引き分けた。仙台は新加入のDF板倉滉(21)の得点で、柏を1-0で破った。

 まる... 続きを読む

「憲剛で“快幕” 元気だ37歳V弾&2アシスト!川崎、連覇へGO(サンケイスポーツ)」の続きを読む