栃ノ心、大関返り咲き王手 今場所10勝以上/夏場所(サンケイスポーツ)

大相撲夏場所10日目(21日、両国国技館、観衆=1万936)今場所10勝以上挙げれば大関復帰がかなう関脇栃ノ心が、御嶽海を寄り切って9勝目。返り咲きに王手をかけた。右肩から当たって左上手を浅く取る。相手の突き押しを許さず、得意の右四つに。ひと呼吸置いて、強烈な引きつけを見せながら電車道で前へ出た。「あと1番勝たないとな。何があるかわからないから」。11日目に白星を挙げ、現行制度で大関復帰を果たす5... 続きを読む

鹿島、22日山東戦!ドロー以上で決勝T進出/ACL(サンケイスポーツ)

鹿島は22日に山東(中国)をホームに迎え撃つ。21日は悪天候の中、冒頭15分以降は非公開で調整した。引き分け以上で決勝T進出が決まる最終節。累積警告で出場停止となった日本代表DF安西に代わって、左サイドバックでの出場が濃厚なU-22(22歳以下)代表DF町田は「(相手は)セットプレーの怖さがある。局面で勝つことでチームの助けになる」と空中戦に自信を示した。 (鹿嶋市)

... 続きを読む

阪神・青柳、奪併殺で脱ピンチ!「左6人・対青柳打線」をキッチリ燕返し(サンケイスポーツ)

(セ・リーグ、阪神3-2ヤクルト、10回戦、阪神5勝3敗2分、21日、甲子園)臆することなく腕を振った。安堵の表情でベンチで汗を拭う。青柳が6回4安打1失点(自責は0)で今季4勝目。3併殺を奪うなど、ピンチで持ち味のゴロアウトを量産して切り抜けた。

 「ゲッツー3つだったり、野手に助けられて何とか最少失点でいけました。きょうは調子がよくなかったですが、勝負どころでコースに投げることが... 続きを読む

“不死鳥F1レーサー”ニキ・ラウダさん逝く…76年レースで事故も6週間後“奇跡の復活”(サンケイスポーツ)

自動車のF1シリーズで3度の世界王者に輝いたニキ・ラウダ氏が20日、死去した。遺族が声明で発表した。70歳だった。オーストリア出身。1976年にはレース中の事故で大やけどを負いながら6週間後に“奇跡の復活”を遂げ、不死鳥と呼ばれた。昨年8月に肺の移植手術を受け、一時は快方に向かったが、昨年末に重度の肺炎で再入院していた。

 ラウダ氏は1975年にフェラーリで自身初の王座を獲得。しかし... 続きを読む