【春季九州大会】西日本短大付がセンバツ4強の明豊にコールド勝ち…右腕・江崎32イニング連続無失点(スポーツ報知)

出典元:今春32イニング連続無失点で2戦連続完封の西日本短大付・江崎

◆高校野球春季九州大会 ▽準々決勝 西日本短大付(福岡1位)7―0明豊(大分/推薦)=7回コールド=(22日・... 続きを読む

【西武】北勝富士が始球式に登場 山川と“どすこい”共演(スポーツ報知)

西武は、所沢市出身の小結・北勝富士=八角=(26)が、5月5日の楽天戦(メットライフ)の始球式に登場すると発表した。

 当日は、北勝富士が球団マスコットのレオがプリントされた浴衣で登場。打席には、山川穂高内野手(27)が入り、一緒に“どすこいポーズ”を披露する予定だ。山川は「本物の力士の方と一緒に“どすこい”ができるなんて光栄です。球場にお越しの皆さんもぜひ、僕たちと一緒に「どすこい... 続きを読む

明大が立大を下し勝ち点 エースの森下が快投/東京六大学(サンケイスポーツ)

東京六大学野球春季リグ戦第2週第3日は22日、東京・神宮球場で行われ、明大-立大3回戦は明大が4-1で下し、2勝1敗で勝ち点1を挙げた。

 明大は、六回に犠飛で先制し、八回に4本の長短打で3点を加え、今秋ドラフト候補右腕、主将でエースの森下暢仁投手(4年)が4安打2四球10三振、1失点で完投勝ちした。

「明大が立大を下し勝ち点 エースの森下が快投/東京六大学(サンケイスポーツ)」の続きを読む