交代の瞬間に天を仰いだ日本代表FW浅野拓磨「自分が決めて勝利に導きたかった」と悔やむ(GOAL)

日本代表は現地時間14日、ベルギーのブルージュでベルギー代表と対戦。国際親善試合は0-1で日本の敗戦となった。ベルギー戦で先発出場となった日本代表FW浅野拓磨(VfBシュツットガルト/ドイツ)は試合後、悔しい思いを口にした。

「チームが1つになって守備するところは、ブラジル戦も難しいながらに少しずつ立て直して、その延長戦上でのベルギー戦だったので、いいイメージを持って入れたと思います」と話す浅野。「難しいと感じながらも、みんなで声を掛け合いながら助け合う守備」ができたことは収穫だと話した。

一方、攻撃については「最後の最後のところで決め切る力、クロスの質は個の能力」と語り、所属クラブでの誓う。記者から「守備に回る時間が長いため、攻撃に力を残すことは難しいのでは」と指摘されると、浅野は「欲を言えば、力を存分に出したいですが、チームに求められてること、監督に求められてることを、やらないといけない。守備でしっかり100パーセントやりますし、攻撃になったら攻撃になったで100パーセントできることをやるだけ」だと答えた。

コメントを残す