悔い残るベルギー戦の惜敗…酒井宏樹、世界に追いつくために「僕らはやり続けるしかない」(GOAL)

日本代表は14日にベルギー・ブルージュでベルギーとの国際親善試合を戦い、0-1で敗れた。試合後、DF酒井宏樹が試合を振り返った。

ブラジル戦に続く、欧州遠征2試合目。日本はワールドカップ本番を想定して勝ち点3の獲得を目標にしていたが、ベルギー代表MFナセル・シャドリ(WBA/イングランド)の個人技から同FWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)に決勝ゴールを決められた。

2試合連続で先発出場した酒井宏は「世界のトップレベルのプレッシャーに、2試合目で慣れることができたのは良かったと思いますし、戦術プランがうまくはまっていたのも手応え、自信としてあります」と一定の手応えを感じた様子。一方で、「僕らDFだったり、ストライカーの最後の詰めというのはまだまだ足りてないですし、そこができない限り(上のレベルへ行くこと)は難しい。チームとしても個人としてもレベルアップしていかないといけない」と世界との差も感じたという。

特に少ないチャンスを決めるベルギーの“試合を決める力”については「内容が良くなくて、ああやってスタジアムで(野次の)ホイッスルが鳴るような難しい状況の中でも(失点を)ゼロに抑えて、しっかり点を取ってくるのは強いチームですし、そこは上に行けるチームの証なので」とその実力を称賛。「そういうチームになるために僕らはやり続けるしかない」と継続して今回のようなレベルの試合をする必要性を語った。

コメントを残す