アグエロ、代表通算得点記録歴代3位に浮上も…ハーフタイムに倒れて病院に搬送(GOAL)

アルゼンチン代表のセルヒオ・アグエロがナイジェリア戦のハーフタイムに倒れ、病院に運ばれたことが分かった。

14日に行われた国際親善試合のアルゼンチン対ナイジェリアの一戦にアグエロは先発で出場。同選手は1-0で迎えた36分、アルゼンチン代表通算得点記録歴代単独3位となるゴールを決め、アルゼンチンが2-1とリードして前半を終えた。

しかし、ハーフタイム中、アグエロにハプニングが発生。マンチェスター・シティFWは原因は定かではないが、ドレッシングルームで意識を失って倒れ、そのまま病院に搬送された。アルゼンチン・サッカー協会はツイッターで「アグエロは倒れ、病院で検査を受けた」と声明を発表。また、『TyCスポーツ』はアグエロが意識を戻したとも報じている。

コメントを残す