W杯常連だったイタリア、60年ぶり予選敗退に地元紙も驚愕「惨事、残酷、開いた口がふさがらない」(GOAL)

イタリア代表が60年ぶりにワールドカップ予選敗退を喫したことで、現地メディアは大きく報じている。

美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!総集編【88枚】

イタリアは13日、ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフでスウェーデンと対戦。敵地での初戦を0-1で落としていただけに、勝利が最低条件となっていたが、サンシーロでイタリアはゴールを割れず。スコアレスドローで終了し、イタリアはロシア行きを逃した。

『ガゼッタ・デロ・スポルト』は「イタリア、これはアポカリプスだ。W杯を逃した!」と報道。アズーリの敗退を世界の破滅に例えた。また「チャンスをふいにした。多少の不運もあったが、スウェーデン相手に180分間で0得点だった。主審はPKを認めなかったが、相手も2回与えられるはずだった」と分析。「ゴールが入らなければ魔法の夜もやってこない」として、イタリアの決定力不足を憂いた。

『トゥット・スポルト』も「全員帰宅。いまいましいサンシーロでの0-0。イタリアはW杯を逃した」と綴っている。イタリアのW杯予選敗退は60年ぶりで史上2度目、1930年にボイコットしたウルグアイ大会を加えても3度目の不参加となる。「ブラジルに及ばずとも、ドイツと並ぶ優勝回数を誇るアズーリの敗退は信じられない事で、開いた口がふさがらない。大きな失望を残した。世界最高峰の大会で不在となるのは考えられない」と驚きを隠せない。

コメントを残す