酒井高徳、ハリルが指摘した“コミュ力”不足に同調「静かな選手が多い」(GOAL)

日本代表DF酒井高徳は、ベルギー戦に向けて入念な準備をしているようだ。

「ビデオでしっかり」分析したと話す酒井高。気を付ける点を聞かれると「気を付けて守れたら楽だと思うのですが」と苦笑い。「フリーでやらせたら、やっぱり失点(を喫する)。ブラジル戦のように好き放題やられる」と、前からプレッシャーを掛けるとか、後ろでブロックを敷けば良いというレベルではないと話す。

日本代表美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!特別編【46枚】

そして「11人が意思統一してスペースを守っていても、それをかいくぐってくるレベル。戦術どうこうよりも、ブラジル戦の後半のように、どんなオーガナイズでも、しっかり人に行っていれば、あるいは1人が2度追いするような形を作って、相手に自由な時間を与えないこと」が重要だと、自身の考えを述べた。

そして「僕が一番強調したくて、試合に必要だと思うのは、どこでどんな戦術をしたとしても、自分の目の前にいる選手には何もさせないのが一番。その本質がないと、結局11人が全員同じ考えを持ってポジショニングがどうこう言っても、それを覆してくる強さ、高さ、速さを持っているわけなので。まず、それが通じないと理解しなければいけないことは、日本にとって非常に大事なこと」と続け、チーム戦術以前に「局面での人に対するプレス。そのプレスは前から行くかどうかではなく、その選手にしっかりプレッシャーを与えることが非常に大事」だと強調した。

コメントを残す