楽天ドラ2の慶大・岩見 日本一逃し「悔しいですね」(東スポWeb)

第48回明治神宮大会は11日、神宮球場で大学の部2回戦が行われ、慶大は1―5で環太平洋大に敗れた。楽天からドラフト2位で指名された慶大・岩見雅紀外野手(22)は4打数2安打1打点だった。

 5点を追う9回二死二塁、粘りに粘った11球目を、バットを折りながらも左前へ。敗れはしたものの最後の最後で1点を返す適時打を放った岩見は「悔しいですね。最後はミスも出たりして、結果は仕方ない」とさっぱりした表情で話した。

 大学での4年間については「最初(のシーズンで)優勝して、また最後もリーグ戦で優勝できた。野球選手としても人間としても成長させてくれた場所。まあ、日本一にはなれなかったんで悔しさは残りますけど、後輩に頑張ってほしい」と思いを託した。

コメントを残す