藤田菜七子 初の騎乗停止から復帰2戦目で勝利(東スポWeb)

12日、デビュー以来初となる騎乗停止(開催4日間)から復帰した藤田菜七子(20=美浦・根本)が、福島競馬2R(3歳上500万下、ダート1700メートル)で5番人気のシトロプス(牝4・畠山)に騎乗して快勝した。

 復帰戦となった1R(2歳未勝利、ダート1150メートル)は7番人気タベテスグネル(牡2・根本)で9着だったものの、2戦目で大外からの豪快な差し切りVを決めてファンを沸かせた。

 菜七子は「出たなりの位置で行って、早めに追い出していこうと思っていた。考えていたより後ろからになったけど、馬が最後まで頑張ってくれた。ゴール前は微妙だなとは思いましたが、勝ったかなと。(復帰初日の勝利に)うれしいです」と笑顔で語った。

 これで今年のJRA13勝目で、自身の持つ女性騎手の年間最多勝記録も更新した。

コメントを残す