羽生結弦がコメント発表「10日間は絶対安静」も全日本選手権出場に意欲(東スポWeb)

右足関節外側靱帯損傷のためフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯を欠場した羽生結弦(22=ANA)が12日、改めてコメントを発表した。

「いつも応援ありがとうございます。このたびは、皆様にご心配をおかけし申し訳ございません」とのあいさつに続いて「10日間は絶対安静と医師から言われました。その後、3~4週間で元に戻るとみておりますが、まだ、あくまで予定でございます」と、現状と今後について触れた。

 コメントを代読した日本スケート連盟の小林芳子強化部長によれば「絶対安静の10日間を過ぎ、その後、痛みがなければ、氷上に乗る」見通しだという。

コメントを残す