長友佑都、プレスの掛けどころに言及…ブラジル戦の後半には手応え(GOAL)

日本代表DF長友佑都は、14日のベルギー戦に向けて対策や意気込みを語っている。

14日のベルギー戦に向けて、12日の練習をこなした日本代表。最後は雹に降られて練習中断となるアクシデントにも見舞われたが、長友はベルギー対策についてこう語る。

日本代表美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!特別編【46枚】

「(ベルギーは)3バックなので、サイドのところで結構、数的優位を作れたりとかスぺースも出てくるんで、そこの部分は突いていきたいですよね。あとはカウンターで結構、前の選手が残ったりもするんで、攻めさせて速く前にボールを送れれば、ショートカウンターみたいな形になるし、チャンスはできるのかなと思います」

雹の影響で、練習では確認できなかったが、話し合いで日本代表の課題について整理することにも言及している。

「ブラジル戦でたくさん課題は出ました。行くところ行かないところっていう部分で、みんなすごい意識しているって言うか、行く選手も後ろの選手も声かけてっていうのはすごい意識は強いですよね」

問題になるのがどういった場面でプレスにいくか。状況によると長友は認めるが、ブラジル戦でも一定の効果はあったと話している。

「日本がセットできてて、行ける状態だったら行っていいと思うんですよ。あるいはベルギーがちょっとプレッシャーかかってるって状況を見せたとき、ちょっとバタついているときにみんなでガンと行く。ブラジルの後半も結構、向こうのセンターバックの選手が出しどころがなくて、バタバタしてるというか、そういう状況が見られたときにプレッシャーに行けば奪えるし、ブラジル相手にそこで奪っているし、チャンスも何回か作れたんで、そこかなと」

コメントを残す