WWE対新日本プロレス!世界よ、これが新日本マットだ ケニー・オメガ「クリス・ジェリコよ、一緒に歴史を作ろう」(AbemaTIMES)

来年1月4日の新日本プロレス・東京ドーム大会は、国際色豊かなものになる。

11月5日に開催された大阪大会の結果を受け、1.4ドームの対戦カードも続々と決定。飯伏幸太との激闘を制し、IWGPインターコンチネンタル王座を死守した棚橋弘至は、ジェイ・ホワイトと防衛戦を行なう。これは飯伏戦を終えた棚橋を、ホワイトが襲撃したことで決まったもの。

“スイッチブレイド”ことホワイトはニュージーランドのレスラーで、2014年に新日本プロレスにテストを受け入団。外国人ヤングライオンとしてファンに愛され、昨年からはアメリカのROHに遠征していた。そして今回、古巣に戻ってくるとともに棚橋をターゲットとし、一気に下剋上を狙う。

迎え撃つ棚橋は、記者会見で「(新日本は)凱旋帰国した選手に甘い傾向がある」と、すぐにタイトルマッチが組まれたことに苦言。しかし、その状況を面白くしていくのも王者の役目だという自覚がある。「まだまだ終わらない。これからが全盛期」という棚橋にとっても、ドームは豪華メンバーの中でどれだけインパクトを残せるか、重要な闘いになる。

また、大阪大会で棚橋に敗れた飯伏には、Codyが対戦の名乗りをあげた。Codyは往年の名レスラーであるダスティ・ローデスの息子で、兄はゴールダストとしてWWEで活躍。CodyもWWEに出場していた。新日本デビューは今年の1.4ドーム。来年は飯伏との対戦で、さらに存在感をアピールしてきそうだ。この試合はCodyが保持するROHを当日まで守り続けた場合、タイトルマッチとなる。

さらにケニー・オメガvsクリス・ジェリコのIWGP US王座戦も正式決定。2人は同じカナダ・ウィニペグの出身で、ケニーはジェリコのキャリアに大きな影響を受けてきたという。「彼は特別な存在」とケニー。だからこそ、単に闘うだけでなく「一緒に歴史を作ろう」と呼びかけた。

IWGPジュニアヘビー級選手権は王者マーティ・スカルにウィル・オスプレイ、KUSHIDA、高橋ヒロムが挑む4WAYマッチ。IWGPジュニアタッグ選手権では、王者チームの「ROPPONGI 3K」YOHとSHOに名タッグ・ヤングバックスが挑む。

新日本に限らず、日本プロレス界は日本人対決が主流。IWGPヘビー級王座を獲得した外国人選手は少なく、G1クライマックスも昨年のケニーが外国人として初の優勝だった。

だが現在の新日本では、数多くの外国人レスラーが活躍。来年の1.4ドームもIWGPヘビー級選手権はオカダ・カズチカvs内藤哲也だが、その他の主力カードには国際戦がズラリ。

コメントを残す