小川直也、格闘家デビュー秘話「猪木さんの紹介で寝技はヒクソン、打撃はドン・フライから習った」(AbemaTIMES)

K-1/Krush/KHAOSを運営するK-1 JAPAN GROUPが次世代ファイターを発掘する番組「格闘代理戦争」。「強い奴」を求めに魔娑斗、山本”KID”徳郁、青木真也に続き、小川直也の元を訪れた。

小川に「強い奴は強い奴が判る、どこかに強い奴はいないか?」と問うと「ここは柔道場だよ。何で?ここでは柔道を教えてるからK-1なんか育成してねえよ」と一蹴。

意図としては総合格闘技の経験のある小川直也であれば、適正のある人材に当てがあるのでは?との期待的観測での突撃取材だったが、その取材姿勢が小川の逆鱗に触れることになった。

そんな中、小川がアントニオ猪木率いるUFOに入団、1999年1月4日東京ドームの新日本プロレスのリングで橋本真也と対戦したセメントマッチに関する驚きの証言が得られた。

コメントを残す