ロッテ涌井が海外FA行使へ!米移籍第一も両にらみ(日刊スポーツ)

ロッテ涌井秀章投手(31)が海外FA(フリーエージェント)権を行使する意思を固めたことが10日、分かった。

【写真】涌井は押切もえを携帯カメラでパシャ

 13年オフに国内FA権を行使し、西武から移籍。今年9月4日に出場選手登録日数が通算4年に達し、海外移籍も可能なFA権を再取得した。

 今後は米球界移籍を第一に目指すが、国内他球団、さらにはロッテへの「宣言残留」も選択肢として残している。

コメントを残す