【キリンチャレンジC】ハリルJ 香川の同点ゴールでハイチと引き分け(東スポWeb)

サッカー日本代表は10日、キリンチャレンジカップのハイチ戦(日産)に3―3と引き分けた。

 ニュージーランド戦からスタメンを9人入れ替えた日本。まずは前半7分、DF長友佑都(31=インテル)が左サイドから上げたクロスに、MF倉田秋(28=G大阪)がヘッドで合わせて先制点を奪う。同17分には、ゴール前で抜け出した倉田の放ったシュートが一度は相手GKに阻まれるも、こぼれ球をFW杉本健勇(24=C大阪)が押し込んで追加点を挙げた。

 楽勝ムードかと思われたが、ここからハイチの逆襲に遭う。同28分、MFケビン・ラフランス(27)にゴールを許すと、その後も何度も押し込まれて劣勢となった。

 それでもリードを保って2―1で前半を折り返すと、後半から左太もも裏を痛めていたFW原口元気(26=ヘルタ)とDF車屋紳太郎(25=川崎)を投入。しかし、代わったばかりの左サイドを狙われて、同8分にFWデュカン・ナゾン(23)に同点ゴールを決められてしまう。

 たまらずバヒド・ハリルホジッチ監督(65)はMF井手口陽介(21=G大阪)、MF香川真司(28=ドルトムント)、FW大迫勇也(27=ケルン)と立て続けに主力をピッチに送り込んで局面の打開を図る。

 しかし攻撃を仕掛けるも決定機にはつながらず、こう着状態に。すると、カウンターから再びナゾンに右足で豪快にミドル弾を決められて、ついに勝ち越しを許した。

コメントを残す