ロシアW杯行き逃したロッベン、オランダ代表引退を発表「ガラスの男にしては…」(GOAL)

オランダ代表のアリエン・ロッベンが、ロシア・ワールドカップ出場を逃し、代表引退を発表した。

美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!総集編【88枚】

オランダは10日、ロシア・ワールドカップ欧州予選最終戦でスウェーデンと対戦。逆転での突破のために7点差勝利が求められたが、前半の2ゴールにとどまり、2-0で勝利したものの、ロシア行きの切符を逃している。

2ゴールを挙げたロッベンは試合後にオランダ代表から引退することを発表している。

「特別で難しい試合だった。ずっとこのことについては考えていた。僕は33歳で、欧州トップクラブでプレーしている。だからこそ決断しなければならなかった。ガラスの男にしては長く続けられたと思う。これからはクラブに集中するよ。次の世代にバトンを渡すのには正しいときだと思う」

コメントを残す