【2歳新馬】東京5R ゴールドギアが堂々の差し切りV (サンケイスポーツ)

10月9日の東京5R・2歳新馬(芝1600メートル)は、単勝2.0倍と断然の支持を得ていた北村宏司騎手騎乗のゴールドギア(牡、美浦・伊藤圭三厩舎)が、後方から直線一気の差し切り勝ちを収めた。タイムは1分35秒9(良)。道中は勝ち馬のすぐ前にいたミツオサウスポー(4番人気)が追撃してきて、3/4馬身差の2着。パチュリー(8番人気)がさらに3馬身遅れた3着だった。

 ゴールドギアは、父ロードカナロア、母ギンザボナンザ、母の父ゼンノロブロイという血統。3代母アドラーブルは1992年のオークス優勝馬で、桜花賞2着。

コメントを残す