【10年ぶりVコメント】東海大・関、青学大に大差「ゴールテープを全国大会で切る経験は初めて」/駅伝(サンケイスポーツ)

第29回出雲全日本大学選抜駅伝競走(9日、島根・出雲大社正面鳥居前-出雲ドーム前、6区間45・1キロ)大学3大駅伝の開幕戦で、東海大が2時間11分57秒で10年ぶり4度目の優勝を飾った。3連覇を狙った青学大は1分33秒差の2位だった。(タイムは速報値)

 東海大メンバーのコメントは以下の通り

 ◆両角速監督 「きょう走った6人がそれぞれ力を出し切れた。区間配置がうまくはまった」

 ◆1区(8・0キロ)阪口竜平(2年) 「昨年はテレビで2年生の活躍を見ていて、来年こそは、という思いで走ってきた。このような結果に結びついてよかった」

 ◆2区(5・8キロ)館沢亨次(2年) 「次の区間の選手の走りも決まってくる。大事な区間だと思って走った」

 ◆3区(8・5キロ)松尾淳之介(2年) 「きつい走りになってしまったが、両角先生から『1秒でも速く』といわれていた。(首位を)見える位置で(たすきを)渡せたので、最低限の走りの役割は果たせた」

 ◆4区(6・2キロ)鬼塚翔太(2年) 「しっかり前が見える位置で松尾も粘ってくれた。三上さんに楽をさせる走りができた」

 ◆5区(6・4キロ)三上嵩斗(3年)

 「しっかり区間賞を取れてよかった」

コメントを残す