センバツVの大阪桐蔭、夏V花咲徳栄との「王者対決」制した(スポーツ報知)

◆愛媛国体 高校野球硬式 ▽2回戦 大阪桐蔭7―4花咲徳栄(8日・坊っちゃんスタジアム)

 今春センバツ優勝の大阪桐蔭が、夏の甲子園優勝の花咲徳栄との「王者対決」を制した。

 高校日本代表の1番・藤原恭大中堅手(2年)が1点を追う4回2死一、二塁で、左翼線に逆転の2点二塁打。7回にも右前適時打を放つなど3安打3打点。「絶対勝つぞという思いで試合に入った。タイムリーはうまく反応できました」とはにかんだ。

コメントを残す