デ・ブルイネ、サラエボのピッチを痛烈批判「こんな最悪なピッチは7歳のとき以来だ」(GOAL)

ベルギー代表は、現地時間7日に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選でボスニア・ヘルツェゴビナに4-3で勝利した。しかし、試合後にMFケヴィン・デ・ブルイネが、試合が行われたボスニアのピッチを「容認できない」と批判した。

あのF1ドライバーはどのクラブが好き?熱心な“サッカーファン・レーサー”たち【34枚】

両チーム合わせて7ゴールが決まる壮絶な試合となった一戦は、ボスニアのホーム・スタディオン・グルバヴィツァで開催。そのピッチは表面が荒れており、ベルギー代表の面々からは、試合後多くの不満が飛び出した。

特にデ・ブルイネは「(ピッチの状況は)受け入れらない。負傷することを心配していたくらいだ。こんなピッチでどのようにプレーしたらいいんだ?分からないね」と不満を漏らした。

さらに「こんな最悪なピッチでプレーしたのは、僕が7歳の子供だったとき以来だよ」と不満は収まらない様子。

ロベルト・マルティネス監督も試合後にピッチへの不満を口に。「サラエボでのピッチは許容レベルを下回っていた。どんな戦術をとることも不可能だった」

コメントを残す