ムバッペ、グリエズマンとラカゼットの前線トリオに「ネイマールよりは劣るけど…」(GOAL)

フランス代表のキリアン・ムバッペとブレーズ・マテュイディはブルガリアに勝利し、ワールドカップ出場権獲得に王手をかけた喜びを語っている。

7日に行われたワールドカップ予選でフランスは敵地でブルガリアと対戦。開始直後の3分にマテュイディが先制点を奪うと、フランスは虎の子の1点を守り抜き、1-0で勝利を収めた。これで、最終節のホームで行われるベラルーシ戦に勝利すれば、ロシア行きの切符を手にすることができる。

この試合に先発で出場したキリアン・ムバッペは、フランス『カナル+』に「見るに堪えない試合だったかもしれないけれど、一番重要なのは結果で、僕たちは勝利した。試合後に監督がブルガリアの地で勝利したのは初めてだと言っていたけれど、急いで確認する必要があるね」とワールドカップ出場へ前進したことを喜んでいる。

また、アレクサンドル・ラカゼットとアントワーヌ・グリエズマンと前線でプレーした18歳のストライカーは「ストライカートリオについて? パリ(・サンジェルマン)とは全く別で、特徴も全く違う。ここには2人のスコアラーがいるけれど、ネイマールよりも劣っている。でも彼らも良い選手だ。それに時間をかければ、僕たちはまだまだ良いプレーができると思う」とコメント。

決勝点を決めたマトゥイディも『TF1』で「勝利したことがとても重要だ。試合が難しくなることは理解していたが、この結果を得られてハッピーだ。僕たちは最後まで戦い、重要な勝ち点3を手にした」と試合結果への満足を示した。

コメントを残す