真凜 SP新曲 なし崩し発表の不思議(東スポWeb)

フリーのみで争うフィギュアスケートの団体戦、ジャパンオープン(7日、さいたまスーパーアリーナ)の公式練習が行われた6日、本田真凜(16=大阪・関大高)の新たなショートプログラム(SP)の楽曲が発表された。

 今大会終了後の夜に行われるアイスショー、カーニバル・オン・アイスの練習が始まると報道陣がざわついた。本田がこれまで明かしていなかったSPの新たなプログラムを、曲をかけて滑り始めたからだ。

 この直前に行われた取材でも「(秘密にしている理由は)全然なくて、いつ言えばいいのかなという感じ。今日だと思ったら言います」としていた。結局、練習終了後に本人の口からではなく、関係者を通じてマイケル・W・スミスの「ザ・ギビング」というタイトルを発表する不思議な展開となった。

コメントを残す