右サイドでの起用の久保裕也「やっぱり個人で打開できたらいい」と課題(GOAL)

キリンチャレンジカップ2017でニュージーランド代表を2-1で下した日本代表は7日、10日に控えたハイチ戦に向けて豊田スタジアムでトレーニングを行った。ニュージーランド戦で先発出場したFW久保裕也は練習後、右サイドの手ごたえを語った。

ニュージーランド戦を「もうちょっと自分でシュートに行く場面が増やせたら良かった。ディフェンスラインも5枚で多かったですし、なるべく外で受けたいなとは思ってましたけど、タイミングよく中に入れば良かった」と振り返る久保。味方との距離感については「いい距離感でやれた時もありましたけど、もっといい距離感でプレーできるかな」と答えた。

「右サイドをやり始めて、最初はあんまりイメージもなかったのですが、どうやって突破するか(を考えると)、やっぱり個人で打開できたらいいかな」と、個人で突破する力が必要だと話す久保。「ゲーム形式(の練習)でも受け方とか、そこからどうやって仕掛けていくかは意識している」と語る。

途中出場で左サイドに入った乾貴士のようなイメージなのか。その問いに久保は、乾をイメージしているわけではないが、「乾さんみたいに、縦に突破できてっていうのは、やっぱりサイドをやる上では必要かな」と、縦への突破が必要だと回答。自身の手ごたえについては「最初に比べたら、少しは良くなってるかもしれないですが、まだ全然だと思います」と述べた。

コメントを残す