小林祐希、アシストの同僚に刺激受ける「もっとビッグクラブに行って仲間ができれば」(GOAL)

キリンチャレンジカップ2017でニュージーランド代表を2-1で下した日本代表は7日、10日に控えたハイチ戦に向けて豊田スタジアムでトレーニングを行った。MF小林祐希は練習後、自身の成長や夢について語った。

60分にMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)と交代でピッチに入った小林は、自身のプレーについて「もっとボールに触れたかな」「もっとできなきゃいけない」と厳しい自己評価を下す。CKを任されたが、その点についても「1本目は良かったんですけど、2本目3本目はちょっと。もう(杉本)健勇しか狙ってなかったんで(笑)。あいつに点を取らしたいなと思ってたので。あからさまにニアを狙いすぎて、ちょっとボテボテになっちゃいました」と反省の弁。

ただし、自身の成長について聞かれると、「自分がパスを出した次の人がミスしたら、それは俺のミスと同じ。常に次の人が楽なパス、楽な状況を意識してプレーしてきた」と語る。そして「それをもっと突き詰めていかないと、相手のレベルが上がった時に、焦ってパス出して次の人が囲まれるとか、次の人の選択肢がないのにパス出しちゃうとか、そういうのが一番良くないかな」と続けた。

ニュージーランドのゴールをアシストしたのは、ヘーレンフェーンの同僚MFマルコ・ロハスだった。小林は「はい。おめでとうと言いました」と話す。「こうやって世界の各国に友人というか戦友ができていくのは、やっぱサッカーを通して素晴らしいことだなと感じます。もっとビッグクラブに行って、強い国に仲間ができればいいかな」と、自身の夢を語る。

コメントを残す